『ブラック・ミラー』シーズン1第1話「国家」娯楽にならないものは無い - ネタバレと感想

f:id:yasukkokoko:20170105205217p:plain

『ブラック・ミラー』シーズン1第1話 「国家」より

 Neflixにて配信されているSFオムニバス作品『ブラック・ミラー』Black Mirrorの第1話のあらすじと感想になります。ネタバレありです。

あらすじ

 一国の首相が物語の主人公となる。彼が就寝中かかって来た電話に出ると、公爵夫人であるスザンナ妃が誘拐されたことを知らされる。誘拐犯からの要求声明は、首相が豚とセックスする映像を全国放送しろというふざけたものであった。映像の加工は一切許されず、要求を拒否した場合スザンナ妃は殺害されるという。

 

 この声明はネットやテレビによって拡散され、世論は大きな盛り上がりを見せる。官邸では代役が用意され、首相本人の行為を放送することを避けようと画策する。しかし、その動きは犯人に筒抜けとなっており、憤慨した犯人はスザンナ妃の指を切断する映像を公開する。

 当初世論は首相に対し同情的で、犯人要求に従う必要はないという意見が主流だったが、この映像が公開されて犯人の本気が伝わった後は、要求を飲むべきだとする主張が強まる。

f:id:yasukkokoko:20170105205745p:plain

『ブラック・ミラー』シーズン1第1話「国家」より

 タイムリミットが迫るなか、誘拐犯の居場所を特定し屈辱的な行為を回避しようとする。しかし、その甲斐もなく、首相は豚との性行為を避けられない状況に追い込まれる。そして、国中の人間が彼の行為を見届けようとテレビの前に集まり始める。

f:id:yasukkokoko:20170105210035p:plain

『ブラック・ミラー』シーズン1第1話「国家」より

首相と豚の行為を見守る人々。

「心理学者によると、十分に時間をかけるべきのことです。短時間で終わると、快感を得たと誤解されます。」撮影スタジオに向かう通路で首相に対し側近が述べる。

f:id:yasukkokoko:20170105210202p:plain

f:id:yasukkokoko:20170105210218p:plain

『ブラック・ミラー』シーズン1第1話「国家」より

豚を目の前に絶望する首相。

 妙にシリアスな雰囲気のなか、首相は一時間以上もの間、嗚咽を漏らしながら豚に向かって腰を振る。

f:id:yasukkokoko:20170105210459p:plain

『ブラック・ミラー』シーズン1第1話「国家」より

行為中の姿が全国放送される様。

首相の犠牲の甲斐あって、人質であるスザンナ妃は無傷で開放された。切断されたと思われた指も犯人自身のものであったことが判明した。また、監視カメラの映像によると、スザンナ妃は行為が始まる30分前に橋の上で白昼堂々と開放されていたという。多くの国民が映像を見届けようとテレビに釘付けにされていたために、誰も犯人を捕まえることができなかった。

 犯人は人質解放後、首相と豚の行為を眺めながら首をつって自殺したが、彼の犯行を「21世紀初の偉大な芸術」と評する評論家も現れた。事件後首相の支持率は上昇したものの、夫人との仲は冷えきったものとなってしまった。

 

感想

 一国の首相といえども、現代では民衆に消費される一つのコンテンツに過ぎないという皮肉が込められた作品。

 映像と音楽はシリアスな雰囲気を醸し出しているのに、やっていることは首相と豚のセックスという極めて馬鹿げた内容が強烈なブラックユーモアを作り出しています。エンドロールに流れる悲しげな曲すらも、この作品の可笑しさに貢献しているように感じられました。

 評価の高いSFオムニバス作品とのことで視聴してみましたが、一作目からいきなりSF要素皆無のブラックユーモアで笑えました。ステレオタイプな見方ではありますが、皮肉たっぷりのストーリー展開はさすがイギリスのドラマといった感じです。2話目以降の作品は現代社会への皮肉はそのままにしながらも、SF色が強くなっており様々なギミックが登場するので、SFファンの方はぜひご覧になるとよいかと思います。

 

シーズン1第2話のネタバレと感想

www.moveplot.com

シリーズ全体のまとめ

www.moveplot.com

Watch Black Mirror Online | Netflix