『ブラック・ミラー』シーズン2第3話「時のクマ、ウォルドー」政治はいかにして殺されるか - ネタバレと感想

 SFオムニバスドラマ『ブラック・ミラー』シーズン2第3話「時のクマ、ウォルドー」のネタバレと感想になります。本作では、アニメキャラクターのクマが選挙戦に出馬にする話をいつものように皮肉たっぷりに描いています。 

あらすじ

 クマのウォルドーは下品で過激な発言で人気を集めるアニメキャラクター。主人公の男性ジェイミーはテレビ局員としてウォルドーのキャラを演じている。

 政治家との絡みがウォルドーの人気につながると考えたウォルドーのプロデューサーは、選挙を控えた政治家のモンローを側面にスクリーンを搭載したトラックで追いかけ回す。ジェイミーはスクリーン上に映し出されたウォルドーを演じ、モンローに過激なヤジを飛ばす。

f:id:yasukkokoko:20170105223225p:plain

f:id:yasukkokoko:20170105223235p:plain

スクリーンに映し出されるクマのウォルドーとそれを演じるジェイミー。

『ブラック・ミラー』シーズン2第3話「時のクマ、ウォルドー」より

 ジェイミーはウォルドーの役を演じるという自分の本業とは離れた仕事にストレスを感じるが、その思いとは裏腹に、ウォルドーの人気はますます高まっていく。プロデューサーの意向で、ついにウォルドーは不祥事で辞職した議員の補欠選挙に出馬する。

 そんな中ジェイミーは若手女性政治家で同じく選挙に出馬するハリスと親しくなるが、ハリスの秘書は政治家に噛みつくウォルドー(ジェイミー)を警戒し、二人は今後会うことを禁じられてしまう。

 選挙戦が進むなか、ウォルドーはモンローやハリスと公開の政治討論番組で共演することとなる。いつものようにモンローを煽り立てるウォルドーだが、モンローはウォルドーを演じるジェイミーの素性を調べ上げており、番組中で彼のキャリアを小ばかにする。ジェイミーは傷つき動揺するが、モンローとハリスをお高くとまった政治家であると痛烈に批判し番組を乗り切る。この討論はネット上で拡散され、補欠選挙の中間調査でも第3位につける。

f:id:yasukkokoko:20170105223651p:plain

公開討論番組にて人間の政治家と共演するウォルドー。

『ブラック・ミラー』シーズン2第3話「時のクマ、ウォルドー」より

 番組の後、ジェイミーはハリスに意思も勇気もなくただ政治を混乱させるだけの人間と罵倒される。大きなショックを受けウォルドーを演じることに耐えられなくなったジェイミーは、ウォルドーとしての街頭演説中に「俺に投票する奴は馬鹿だ。他の候補者に投票しろ」と叫ぶ。しかし、彼の言葉は聞き入れられず、ジェイミーはウォルドーの役を降ろされてしまう。これまでウォルドーを演じてきたのはジェイミーであったが、求められていたのはジェイミー自身の言葉ではなく、反政治のマスコットとしてのウォルドーだった。

 補欠選挙の結果が発表され、ウォルドーは落選するものの、モンローに次いで二位の得票数を獲得する。この結果と政府機関のサポートもあり、ウォルドーは世界中で人気のキャラクターとなる。仕事を失いホームレスとなったジェイミーは街頭スクリーンに映るウォルドーに酒瓶を投げつける。

感想

 ポピュリズムの象徴ともいえる本作のキャラクターのウォルドーですが、このようなキャラクターに人気が集まるのもある程度理解できてしまうのが悲しいところです。

 作中でウォルドーのプロデューサーが語っているように、ウォルドーは架空の存在であるからこそ価値を持っています。彼の人気は政治家に対する人々の信頼の欠如のあらわれとして生まれたものです。主張がないからこそ裏もないように見えるウォルドーというキャラクターは、無力感に苛まれた人々にとって不満のはけ口としてはもってこいでしょう。

 弱者の代弁者として活躍していたウォルドーでしたが、結局はガス抜きとして耳当たりの良いことを叫ぶだけの存在となり、権力者の傀儡として利用されてしまうという悲しいオチでした。

 

『ブラックミラー』シーズン2第4話「ホワイト・クリスマス」ネタバレと感想 - Nanyak

 

シリーズ全体のまとめ

www.moveplot.com

Watch Black Mirror Online | Netflix