『君の名は。』作家性はどこに生まれるか - 作品の感想

f:id:yasukkokoko:20161112194239j:plain

©2016 「君の名は。」製作委員会

 新海誠作品は以前から好きで、特に『雲の向こう、約束の場所』『言の葉の庭』なんかは何度も観ています。ですが、監督本人が「『君の名は。』は売れるように作った」という趣旨の発言をしていたようなので、過去作のファンが観て楽しめる作品になっているのかが疑問で、なかなか観に行く気になりませんでした。しかし、ここまでヒットしている作品を観ないのもどうなのかな〜と思い、周囲に流される形で映画館に足を運ぶに至りました。

 作品の感想を結論から言うと、凄く良かったところとイマイチな部分が入り乱れていて複雑な感覚でした。そういった感想に至った理由について、以下に書いてみたいと思います。

妙な明るさがつらい

 過去作を見返してみても、明るいシーンの演出は微妙だなあと感じる部分がありました。過去作においてはそういったシーンはその作品を語る上で重要ではなかったので、あまり気に留めずに観ることができました。しかし、今作では明るくコミカルなシーンが多いため、どうしてもその種のシーンの評価が作品全体の印象にも影響してきます。脆くて繊細な感情を描かせたら天下一品なのですが、表に出るわかりやすい感情表現は正直あまりうまくないと思います。

    脚本の都合上、そういった得意ではない分野の表現を多用せざるを得なかったというのが、作品から違和感を感じた原因なのかと思います。 

 

セルフオマージュは必要だったのか

 言の葉の庭の先生らしき人物が三葉の国語教師を務めたりしていた点など、随所に過去作のオマージュが見られました。ですが正直なところ、これらは作品への没入感を損なってしまうだけで特に意義を感じませんでした。これをもって既存のファンへのサービスだと称するのはちょっとどうかな、とも思います。

 

有無を言わせぬ美しい映像

    非常に主観的な意見で恐縮ですが、以上が本作を観た上で引っかかった部分です。しかし、それらも圧倒的な画の美しさの前ではどうでもよく思えてしまいます。田舎も都会も彗星の描写も、現実世界でただ眺めているだけでは到底感じることのできない美しさが、この作品には確かにあったと思います。個人的にはシナリオの整合性とか正直どうでもいいです。それくらい素晴らしい映像でした。

 新海誠作品は都会の描写が特に素敵だと思います。過去作にも頻出していますが、中央線の電車や、マンションの無機質なドアの描写などは、何故だか観ていて胸を締め付けられます。ドアや通勤通学の電車などは日常にありふれた退屈なオブジェクトのはずなのですが、新海誠の手にかかると複雑な感情をまとった素晴らしいもののように感じられます。日々見過ごしてしまいがちな美しさや儚さを拾う能力は稀有なものであると思います。

 

おわりに

 一度大ヒットを飛ばした以上、次回以降も同じような期待をかけられて、多額の広告宣伝費が投入されることでしょう。当然ながら本人の意志だけではコントロールできないことも増えてくるでしょうし、作品の方向性もそれに左右されてしまう可能性は高いと思います。しかし、どうかご自身の作家性を失わないでいただきたいと、一ファンとして思った作品でした。