読者です 読者をやめる 読者になる 読者になる

映画『レゴバットマン』ヒーロー物嫌いに勧めたい作品

 のっけからハリウッド映画の壮大な演出を茶化しにいくという導入に始まる。ここで笑えるかどうかが本作を楽しめる人かどうかの試金石になっている。終始オマージュやメタネタが満載で、シュールな笑いが本作の大きな魅力となっている。

 バットマンシリーズについて多少の知識がないと笑いどころの多くを逃してしまうので、本作を十分に楽しむことはできないと思われる。しかしながら、重要なのはバットマンシリーズを「観たことがある」かどうかであって、必ずしもシリーズのファンであることは要求されない。むしろ『ダークナイト』を観て「いい年したおっさんがコスプレして何やってんのよ…」とか「ヒーロの苦悩とか何マジになってんの?」という感想を抱いた方は、本作でたびたび用いられる過去シリーズに対するメタネタは大いに笑えると思う。レゴアニメという性質もあって、ヒーロー物の妙なシリアス感が受け付けないという方も抵抗感なく観ることができる作品になっている。