『メッセージ』ひと味違う地球外生命体とのファーストコンタクト - ネタバレ感想


f:id:yasukkokoko:20170519225552j:image

 

 寡作のSF作家テッド・チャンによる『あなたの人生の物語』を原作とした作品。突如地球に現れた、奇妙な姿をした地球外生命体ヘプタポッド。彼らが一体何を地球人に伝えようとしているのか、言語学者である主人公ルイーズが解き明かしていくというストーリーになっています。

 

 お互いの共通言語が全く無い状態から、ヘプタポッドとのコミュニケーションは始まります。同じ形をした地球人同士であれば、お互いの身体のパーツが同じなので、言葉が通じない場合でも、対話のとっかかりを見つけ出すことはできるかもしれません。しかし、本作の場合では、異星人の身体は地球人のものとは全く異なります。こちらの言葉に対して彼らが何を感じているのか、どこまで理解できているのかは、彼らの言語を理解することなしには分かりません。

 また、彼らの用いる文字は非常に複雑で、一つの文字の中に多くの情報が埋め込まれています。

 研究者たちが検討を重ねた結果、ヘプタポッドは過去と未来の区別なく、異なる時間軸にある現象を同時に見渡す能力を持っていますことが判明します。ヘプタポッドの言語を学ぶことで、主人公にもこの能力が宿ります。ルイーズはヘプタポッドと接触するなかで、自身の見知らぬ少女の幻影に悩まされますが、その子供は彼女の夫となるイアンとの間に生まれた子供でした。

 未来を観る能力を得たルイーズには、イアンと結婚し子供をもうけたとしても、娘が病気でなくなってしまうことも分かっています。辛い未来が待ち受けていることを理解していながらも、彼女はイアンと共に歩んでいくことを決めました。

 

 原作ではサスペンス的要素はほとんどみられず、ヘプタポッドとの交流を通した主人公の心の動きや、意識の変化に焦点が当てられています。中国やロシアなど、国家間の思惑が世界の危機を招くといった政治的要素もほぼ無く、紙幅の多くはヘプタポッドの言語を解明していく過程に割かれています。非常に抽象的な議論が展開されますので、趣味に合わない方は読むのが非常に辛く感じられるかもしれません。

 しかしながら、非常に優しいタッチで綴られる美しい小説なので、本作を観て興味を持たれた方は、ぜひ原作『あなたの人生の物語』も読まれてみることをおすすめいたします。映像で表現されていたヘプタポッドの文字や姿について、また違った見方ができるようになるかと思います。

 本作は原作のもつ独特で優しい雰囲気も失わず、映像作品としてのドラマ性を持たせることにも成功した、素晴らしい作品であると思いました。

 ヘプタポッドはルイーズに対し、「君は武器を持っている」と語りましたが、彼女は時間に囚われない認知を獲得しながらも、時間の尊さを感じる心を失わない、宇宙でも稀有な存在なのかもしれません。